プラセンタ注射は効果あり!でも危険?

プラセンタ注射の効果と危険

 

プラセンタ注射についてはいろいろな意見があります。

 

  • プラセンタ注射のおかげでよくなった
  • プラセンタ注射の効果が実感できる
  • 更年期障害の症状が和らいで毎日楽になった

 

こんな意見がある反面

 

  • 注射を打ちに行くことがめんどくさい
  • プラセンタ注射をしたら献血ができなくなった
  • 人の胎盤を使っていて安全面が心配

 

などと意見が分かれています。

 

その意見が分かれる理由についてみていきましょう。

 

プラセンタ注射人の胎盤から抽出した成分です。
人の胎盤というのはきちんと提携先の病院で正常分娩した人の胎盤を使用しています。
そのため医薬品としての扱いになります。

 

注射なので体内に直接成分を投与するため効果は高いと評判です。
体の内側にも効果があるのはもちろん美容効果もあると評価されています。

 

また医療目的ということで主に肝機能障害や更年期障害の方に医療機関が使用しています。
そのためプラセンタ注射は医療機関での接種しかできません。
効果には即効性がありますが持続性があまりないため定期的に接種に足を運ばなくてはいけないようです。
また値段も保険が適応される場合もありますがその都度それなりの金額を払わなくてはなりません。
予算的にも労力的にも大変とされています。

 

そしてプラセンタ注射をした人は献血ができません
なぜかというと人の臓器から抽出している点やもしも感染している場合があってもそれを検出する方法がないことから厚生省が献血を禁止にしたのです。
今までに大きな事案は報告されていませんが理論上リスクが否定できないという点で献血が禁止されています。
献血はしなければいいので問題がないと思う方もいるでしょう。
しかし感染の理論上のリスクというものが否定できない点がとても不安に思う点でもあるように感じます。

 

このようなことからプラセンタ注射の効果の高さの反面、危険ととなり合わせであることが言えるのです。