プラセンタ注射は効果あり!でも危険? 栄養素

含まれる栄養素

 

プラセンタ栄養素が多く含まれているので宝庫と言われています。
その栄養素について紹介していきます。

 

プラセンタに含まれる代表的な栄養素

 

アミノ酸
ミネラル
糖質
脂肪酸
ムコ多糖体
成長因子
タンパク質
ビタミン
酵素
活性ペプチド
核酸

 

こんなにも栄養素として含まれているプラセンタ。

 

それぞれにはいろいろな作用を持っているとされています。
この優れた栄養素の中で最も注目すべき成分、またプラセンタの特徴となる成分があります。
それが成長因子です。

 

それぞれの栄養素を詳しくみていきしょう。
まずは5大栄養素と言われる5つの栄養素が含まれています。

 

脂質・ビタミン・ミネラル・糖質・タンパク質とこの5つです。

 

まずは脂質、ホルモンや細胞膜、角膜などを構成する成分とされています。
またビタミンなどの成分を吸収するのに役立つ成分なのです。

 

ビタミン、これは何だか耳にしただけでどんな成分なのか想像がつくかもしれません。
代謝をスムーズにしたり、生理機能のバランスをとったりする働きがあります。
これは体内では作ることができないので体外から取り込む必要性があるのです。

 

ミネラルの体内での働きは血液や体液を調整する働きがあり、カルシウムや亜鉛、鉄などに含まれています。
このミネラルは私たちの体内に多く必要ではないのですが、なくてはならない栄養素なのです。

 

糖質は私たち人間のエネルギー源となるものです。
同時に脳にとっても重要なエネルギー源なので糖質はなくてはならない成分といえるでしょう。

 

タンパク質はすべての組織や血液をつくるための栄養素です。
タンパク質はためておくことができないため日々必要になってくるといえるでしょう

 

そしてこの5大栄養素と合わせて他の成分をみていきましょう。

 

核酸とは新陳代謝を促し、細胞の分裂やからだの機能が正常に働くために必要不可欠な成分です。
この核酸が40代以降減っていくとされていてそのことにより老化現象が進んでいくのです。
そのため外から取り込むことにより老化現象にストップをかけることができるのです。

 

活性ペプチドは生体バランスを保つために形を変えながら細胞の再生や増殖作用するのに必要な栄養素です。
さまざまなタイプのアミノ酸が固まったグループ分子で、それがより集まるとタンパク質になるのです。

 

酵素は食べ物の分解・消化をしてくれる成分です。
また有機化合物や無機化合物を必要な化学反応に変えてくれる働きをします。

 

アミノ酸これこそ生命の源といわれています。
プラセンタのアミノ酸には20種類ものアミノ酸が含まれているといわれています。
ダイエット作用もあったり、老化現象の食いとめもできると私たちにはいいことづくめの栄養素なのです。

 

ムコ多糖体、なんだか難しそうな名前ですね。
細胞に酸素や栄養素を運んでくれるはたらきがあります。
また体内に水分を蓄えることができるのです。

 

成長因子これこそがプラセンタの重要な成分なのです。
特定の細胞にたいして増えるように指令を与えることができるのです。
この指令によって体が若返り、美容・健康効果を感じることができるのです。