プラセンタ

プラセンタとは

 

プラセンタとは体内で赤ちゃんと母体をつないで、しかも育てる臓器の胎盤のことをいいます。
人間をはじめ哺乳動物の妊娠期間にだけ作られる器官なのです。
その胎盤には赤ちゃんの発育に必要なあらゆる栄養と豊富な生理活性物質が含まれています。
赤ちゃんに必要な酸素や栄養を届けることはもちろん赤ちゃんの内臓にかわって消化や排せつ、ホルモン分泌まで行ってくれるのです。
すごい機能を持つのが胎盤の役目なのです。

 

しかも0.1mmの受精卵を10か月間で人間やその個体に育て上げることができるパワーの持ち主です。
そんな胎盤という臓器には栄養が沢山含まれています。
しかもその栄養素のバランスは絶妙と言われていてそのバランスを人工的に作り出そうとしても真似ができないとされています。
ということはその栄養素のバランスを維持している胎盤から抽出した成分を使っているプラセンタは私たちににとって栄養素の宝庫ともいえるでしょう。

 

そんなプラセンタを体内に摂取する方法としてはいくつかあります。

 

タイプによってメリット、デメリットがあります。

 

まずは1番プラセンタシェアを占めているのがプラセンタつぶ(サプリ)です。
さまざまな会社から販売されています。
値段も手ごろでしかも自分で好きな時に服用ができて継続しやすいという理由で人気が高いようです。
また種類も多く豚の胎盤を使った豚プラセンタをはじめ、馬や羊があります。
最近では植物性プラセンタや海洋性プラセンタと言われるものも登場しています。

 

他にはドリンクや粉末が品数としては多いでしょう。
今では化粧品の中にプラセンタエキスを配合しているものも人気が出てきているようです。
おかし感覚に食べられるタブレットやスムージーなども商品として出てきています。

 

これらのものプラセンタ効果があるようですがより効果を感じれるもの、また即効性がある物として注射があります。
プラセンタ注射は基本的に治療目的とされているため医療機関やクリニックでの接種が決まりです。
即効性はありますが持続性に欠けるために1か月に2回接種などしなくてはいけないので金銭面でも、また労力としてもすこし大変なようです。